東洋眼虫



 イヌ,ネコなどの結膜嚢,涙管内やしゅん膜の裏側に寄生する体長4.5〜17mm前後の小さな線虫類の寄生虫です。
 山などで眼につきまとう
マダラショウジョウバエなどによって媒介されます(※ハエの卵を産み付けられるのではありません。ウジとは別のものです)。


 
結膜嚢の炎症,流涙,結膜炎などを起こし,長期にわたる寄生では角膜混濁,視力減退などの症状を表します。直接の刺激以外に、動物が気持ち悪がって目をこすり、角膜にキズをつけることがあります。

 診断は結膜嚢やしゅん膜の裏をのぞいて、虫体を確認することによります。
 治療は直接
虫体を摘出することによります。ただし、虫は眼の表面を泳いで移動しますので、全部摘出できたかどうかの確認は難しい場合があります。