低タンパク血症




 体内では、食物から得られたアミノ酸を元に、肝臓リンパ組織でタンパク質を作り出します。
 タンパク質は、アルブミンやグロブリン、その他の形で、
体内の代謝や物質の運搬、血液浸透圧の維持、免疫力の維持、血液凝固など、様々な働きを行っています。

 体の中で働きを終えたタンパク質は、尿や便を通じて体外に排出されたり、また新しく作られるタンパク質の元になります。
 体の中では、
失われるタンパク質の量と、新しく作られるタンパク質の量とが釣り合っているため、血液中のタンパク質濃度は常に一定に保たれています。

 
低タンパク血症とは、作られる量よりも、体から失われる量が上回ることにより、血液中のタンパク質濃度が低下した状態のことです。
 体の中のタンパク質の「
産生量<喪失量」となる状態には、以下の種類があります。

1.
合成低下

全身状態の悪化
 
飢餓や栄養不良、悪液質などの状態になると、原料となるアミノ酸が不足し、タンパク質を体の中で産生できなくなります。
 
削痩や全身状態の悪化などの臨床症状が同時に見られます。

肝臓機能の低下
 アルブミンなど、体内のタンパク質の多くは
肝臓で合成されます。
 肝炎肝硬変などの状態で肝臓の機能が低下すると、
蛋白合成も低下することがあります。
 肝臓の異常があれば、血液検査で肝臓の数値が上昇します。

2.
体外喪失の異常

皮膚疾患からの喪失
 
重度の滲出液が見られる皮膚疾患の時は、滲出液と共にタンパク質が失われることがあります。

腎臓からの喪失
 ネフローゼ症候群により、腎臓からタンパク質が失われます。
 
アルブミンの成分が主に失われ、グロブリンは体内に保たれるため、血液中の蛋白分画は特徴的なパターンを示します。
 腎臓の機能低下もあれば、腎不全の数値も上昇します。

胃腸からの喪失
 
胃腸管からの出血や、タンパク漏出性胃腸症の時は、胃腸からタンパク質が失われます。
 アルブミンやグロブリンなど全分画の低下となります。
 出血があるときは貧血が共に見られます。
 胃腸疾患の時は、
嘔吐や下痢などの症状が見られることもあります。