角膜ジストロフィー




 角膜の表面に透明でない物質が蓄積し、角膜が白濁して見える状態で、通常遺伝性です。その他としては高脂血症や高カルシウム血症が関係したものがあり、血液検査で引っかかってきた場合には原因疾患が治療対象となります。


 遺伝的なものの時には治療方法は無く、場合により徐々に進行します。失明するほど進行することはまれで、動物が生活に支障を来す可能性は低いといわれています。
 病気でないかどうかを調べるために、血液検査をしておいた方がいいでしょう。