腹水




 腹腔内にたまった液体のことを腹水と呼びます。
 通常、腹腔には多量の腹水が見られることはありません。腹膜からつくられる液量と、吸収される液量がほぼ等しくなっているからです。
 腹水がたまる原因は大きく炎症性と非炎症性の2つに分けられます。

 炎症性の腹水は
滲出性の腹水とも呼ばれ、何らかの原因により腹腔内で炎症がおこり、その結果として腹水がつくられます。
 
腹膜炎(腸管由来、外傷性、膵炎関連)、腹部腫瘍、慢性肝障害、猫伝染性腹膜炎などがあります。

 非炎症性の腹水は
漏出性の腹水とも呼ばれ、血液中の水分が腹腔内に漏れだして腹水となり溜まるものです。
 
低タンパク血症、肝前性/肝性門脈圧亢進、うっ血性心不全、リンパ腫、リンパ管閉塞などがあります。

 いずれにせよ、腹水は潜在的な疾患が基礎にあり、その症状のひとつとしてみられる病態です。

 検査は、腹水を細胞学的・生化学的に検査すると共に、血液検査・超音波検査などを行い、基礎疾患を探すことにより行います。


滲出性 漏出性
性状 粘稠(+)、臭気(+)、
混濁、しばしば凝固
粘稠(-)、臭気(-)、
透明、凝固(-)
比重 1.025 1.018
蛋白 2.5 2.5
細胞数 多い 少ない

 溜まった腹水により、横隔膜が圧迫されて呼吸困難の原因となります。また、基礎疾患により痩せている場合もしばしば見られます。腹水と削痩が同時に進行した場合には、飼い主さんが痩せているのに気づかない場合があります。その他、嘔吐や腹部圧痛が見られることもあります。

 腹水が多量で呼吸困難を引き起こしている場合には、症状の緩和を目的として
腹水の吸引を考慮します。予想されるリスクは、処置のストレス・血圧変動による悪影響、膀胱などへの傷害、繰り返しの吸引処置による蛋白喪失などです。吸引後、また腹水が溜まってくることもしばしばです。

 内科的な処置としては、症状と原因により
利尿剤抗生剤ステロイド、その他の薬を使用します。

 予後は、原因により異なります。