排尿のメカニズム


 排尿のコントロールは膀胱と尿道によって行われます。尿の貯留には交感神経系が優位で、排尿には副交感神経系が優位となります。尿道の骨格筋には体性神経も分布し、尿道収縮に役立っています(特に猫で多く存在)。
1.尿貯留時
 尿を貯留する際には尿道を収縮させつつ、膀胱の収縮を行わないという協調作用がなされます。膀胱は一定量まで低圧のまま容積を増していきます。

2.排尿時
 膀胱内の尿容量が一定を越えると、脳から排尿の指令が出されます。
今まで尿道を締めていた神経は休み、膀胱を収縮させる神経が働きます
 これにより膀胱内圧が尿道内圧よりも高くなるため尿が尿道に流れ出し、排尿が起こります。
 排尿が終わった後は尿貯留のパターンに戻ります。