逆くしゃみ症候群




 犬が苦しそうに咳をしているように見えたときにはまず、それが息を吐いているときにしているのか、息を吸っているときにしているのかをよく見てください。吐きながら苦しそうなのであれば咳の可能性が高く、詳しい診断治療が必要ですが、吸っているときに苦しそうなときにはひとまず安心してもらっていただいていいです。
 それは
逆くしゃみ症候群といって、犬に特有の行動で吸気時の呼吸困難をおこす症候群ですが、病気ではありません。なぜ起こるのかは解明されていませんが、治療する必要はなく、それが体に悪影響を及ぼす危険性もないといわれています。