大動脈弁狭窄症





 大動脈弁の部位が狭窄を起こし、血液が流れにくくなる病気です。
 肺動脈に血液を送り出すために、通常よりも大きな力を必要とするため、
左心室の筋肉が肥大します。
 左心室が肥大することにより、心臓の形態異常となり、二次的に
僧帽弁の閉鎖不全、左心房の拡張・肥大をおこします。
 大動脈弁の狭窄部を速いスピードで血液が流れることにより、心雑音が聞かれます。

 心室が肥大して拡張能力が低下し、血液を送り出す能力が低下すると
左心系の心不全となります。
 左心房圧が上昇することにより、
肺水腫を起こします。
 重度の時には
突然死の可能性もあります。
 併発症は
僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁閉鎖不全、大動脈弁心内膜炎、心房細動です。

 ゴールデンレトリーバー、ニューファンドランド、ボクサー、ジャーマンシェパードが好発犬種と報告されています。

 レントゲンや超音波エコーで診断をします。ドプラで大動脈部位の血流を計測し、狭窄による高速血流を確認すれば確定診断です。
 予後予測のために、心臓のドプラ検査をしておいた方がよいでしょう。

 通常完治は無いので一生のおつきあいになります。心不全が起きているときには予後は難しいものとなります。
 うっ血性心不全になっているときには、その対症療法を行います。

 食餌は塩分の多い物は避け、できるなら処方食でコントロールします。
 不整脈による突然死の危険性が高い病気でもあります。
 予後は要注意であり、食餌に気を使う必要があります。