扁平上皮癌




 皮膚にできる腫瘍の一つで通常悪性です。
 腫瘤よりも皮膚のびらん・潰瘍として起こることが多く、白いネコの耳では太陽光線からの刺激によりできやすいといわれています。リンパ節転移や遠隔転移もあります。


 早期・広範囲の病変切除、リンパ節摘出が必要です。耳介部の摘出を行った後の術後合併症として顔面神経の軽度麻痺が起こることがあります
 他は舌、歯肉、口蓋、口唇、咽頭、扁桃分にできることがあり、口の中にできたときには嚥下困難、口臭、流涎が起こります。