ウサギとウシとウマの、消化戦略


草食動物というのは草を食べる動物と言う意味ですが、
草と言うのはとても食べにくい食材で、
そのままでは吸収できません。

草を食べて生きて行くためには、
草を消化吸収するための、うまい仕組みが必要です。

人が良く知っている動物の中で、主な草食動物と言うと、
ウサギの仲間とウシの仲間、ウマの仲間があります。

ウサギは先日も書いたように、
「吸収できる分を吸収し、残りを細菌に発酵させ、
 さらに栄養分を作らせる」
という戦略をとっています。

胃の次に小腸があり、その次に結腸があって、
そこで栄養分を多量に含んだ便を作りますので、
栄養分を吸収するためには、盲腸で作られて出て来た便を、
もう一度小腸に送り込むべく、食べ直さなければいけません。

そのための習性が「食糞」と言うものです。
ウサギの食糞は、盲腸で腸内細菌に作ってもらった栄養たっぷりの食料を、
摂取するための優れたシステムです。

一方、それよりも効率のいいメカニズムに見えるのがウシの仲間の持つシステムです。
ウシ科の仲間には、胃が四つあり
(本来の胃は第四胃だけで、残りは食道が変化したものです)、
「反芻」を行う事によって、食物を撹拌させ、
細菌に発酵をさせる事によって、小腸に送り込まれるまでに、
栄養分が分解されて、吸収しやすい状態になっています。

小腸の前に発酵させる「前発酵」のシステムでは、
小腸に食物が送られて来た時点ではもう発酵が終わっている状態ですので、
とても能率が良くなります。

ウサギのような、小腸の後ろで発酵させる「後発酵」のシステムでは、
もう一度便を食べ直す必要が出て来るのですが、
ウシではそんな必要もありません。

ただ唯一の欠点は、蛋白の過剰な食餌をしたりすると、
発酵しすぎてしまい、そのために胃拡張などで死んでしまうリスクが出てしまうという事です。
ただ、自然界ではパンなどの高栄養食はそうそうありませんので、
それほど問題にはならないのかもしれません。

最後のエントリー選手はウマの仲間です。
馬も発酵を行う動物ですが、胃はひとつだけで、
結腸で発酵を行います。

結腸は小腸の後ろにあるので、
発酵が終わった後では便は小腸の後ろに送られてしまいます。
では、もう一度便を食べ直すのかと言えば、
そんなことはしません。

せっかく盲腸で発酵させた内容物が便にそのまま出てしまう前に、
結腸を発達させることで、吸収率を上げるようにしているようです。
ただ、後発酵の能率は前発酵のウシほどではないので、
「吸収しやすいものを、大量に摂食する」
という必要があります。

ウシの仲間は粗食で耐えられますが、ウマの仲間では、
ウシに比べると、もっと高栄養のものを必要とするという事です。
ちなみに、ウマは厳密な"草食"動物ではなく、
穀物や根菜類やマメ科牧草などの草以外の食物も必要とします。

3つの種の消化戦略を比べてみると、
そこからの体のデザインも方向性が導かれて来る様な気がします。

すなわち、ウサギの特徴は、
「効率性がよい」ということであり、
コンパクトな内臓とコンパクトな体で、粗食のもと生きて行く事が出来ます。

ウシでは、発酵の能力が高い事が特徴であり、
「大きなエネルギーを作り出す」ことが可能です。
したがって、大きな体を維持する事が出来るようになります。
一方、消化に必要な内臓は大きくなり、
反芻にはじっくり時間をかけないといけないため、
速い動きは出来なくなります。

とは言っても、反芻をする動物にとっては、
急いで移動をするよりも、のんびり反芻に時間をかけることのほうが大切です。
反芻行動によって、効率の良い消化が出来ますので、
高栄養の牧草を求めて移動する必要もなくなります。

最後にウマの仲間では、消化のいい食物を選んで摂ることによって、
純粋な草食動物よりは、内臓はコンパクトですむ事になります。

また、高栄養の牧草、消化のいい食事を選ぶためには、
ある程度「移動」を行う事が必要になります。
したがって、機動性を高めて、
場所を移動して、消化しやすいものを食べて、また移動して、
という生き方をする事になってきます。

どの生存戦略が一番有利なのか、というですが、
ウサギ目は全ほ乳類のうちで、ネズミ目についで繁栄している動物ですし、
ウシ目は有蹄類のうちで90%以上を占めるとの事ですので、
ウマに比べると、ウサギやウシの消化システムの方が、
適応と繁栄のためには有利なのかなというところです。

生物にとっては、生きるという事において、
一番大切なのは、「食べる」ということであり、
そのために、長い年月をかけて体が出来上がっているわけです。

草にとっては、食べられるために存在しているわけでもなく、
草食動物に食べられにくい形に進化して来ているわけではありますが、
草と草食動物のいたちごっこの末に、今の生物の姿があるのだと思うと、
長い生物の進化の歴史を考えさせられますね。


このHP内の文章、イラストの無断転載を禁じます。
著作権の一切は二本松昭宏に帰属します。
ライン

あなたのご感想を心からお待ちしております。

おなまえ(ハンドルでも)

メールアドレス(できれば)


性別

メッセージ・ご感想