ウサギの食糞と盲腸の秘密


ウサギを飼っている人にとって、ほとんどの人が知っているけれども、
あまり見た事がない人が多いと言うのが「食糞」です。

ウサギは、通常のころころと乾いた通常の糞以外に、
もちもちとあんこの固まった様な、
べちゃっとした盲腸便というものを出します。

通常は、夜の間に盲腸便を出し、
すぐに口をおしりに持って行って食べてしまうので、
盲腸便を見た事がないという人も多いと思います。

盲腸便を食べる、というのは、
人間ではないだけに、なんでそんな事をするのかと言うのは、
実にミステリアスなところだと思います。

ウサギが盲腸便を食べるか、食べなければいけないかと言えば、
盲腸便を食べる事によって、生きて行くために必要な栄養を摂っているからです。

ウサギは、なぜそのような仕組みを持っているかと言えば、
ウサギの主食が、草などの粗食だからです。

草と言うのは、とても消化がしにくく、
ほ乳類の持つ消化酵素では、セルロースやリグニンなどは消化できず、
栄養分を吸収をする事が出来ません。

草食動物は、自分の体を、草を食べても生きて行けるように仕組みを整えて、
草食に適応して来ています。

草を食べる動物と言うと、ウサギとウマとウシが真っ先にあたまに思い浮かびますが、
共通しているのは、
「細菌に消化を手助けさせる」
ということです(人間も一部していますが)。

草と言うのは消化が難しく、ほ乳類の出す胃液などだけでは、
栄養分を吸収できるところまで持って行けないのですが、
草を細かく砕いて、唾液を加えて撹拌し、
そこで細菌に発酵分解をさせる事によって、
ほ乳類には分解できないセルロースやリグニンなどの成分も分解され、
栄養素として利用できるようになります。

そのためには、体のどこに細菌に発酵させる部屋をこしらえてあげるかという事になって来ます。
発酵をどこでさせるかによって、体の栄養の仕方、体の作りが変わって来ます。

ウサギは胃はひとつしかなく、結腸が大きくなっているという体をしています。
このしくみだと、胃から小腸に入って来た時点では、
まだ発酵していないため、ウサギは、
自分で消化・吸収できる分は吸収し、
その残りを盲腸に送り込んで、そこで発酵を行わせる事になります。

ウサギの消化システムは、
「食べたものをまず吸収できる分を吸収し、
 その残りを細菌に発酵させ、利用できる栄養素を作らせて、
 それをまた吸収・利用する。」
というかたちです。

小腸に食物が来た時点では、吸収しやすい部分だけ吸収し、
吸収できなかった残りが盲腸に送られて、
発酵に回される事になります。
そして、発酵によって、体にとって大切な栄養分が、
腸内細菌によってたくさん作られます。

ただ、盲腸で発酵が行われた後は、すぐに結腸になってしまいます。
結腸は小腸よりも栄養素の吸収能力は劣るので、
発酵させた後に結腸にすぐに送られてしまうと、
せっかく作り出した栄養素が、ほとんどが吸収される前に排出されて行ってしまいます。

ではどうすればいいのか、ということですが、
ウサギがとった戦略は、
「うんこが栄養価が高いんなら、もう一回食べればいいんじゃん!」
ということでした。

人間にとっては、便と言うのは、吸収できるだけの栄養をとり終わった後の、
「でがらし」にすぎないのですが、
ウサギにとっては、ビタミンやタンパク質、その他の重要な栄養分を多量に含んだ、
まさに、「命の源」です。
実際、ウサギは食糞をしなければ、栄養不足になって死んでしまいます。

食糞と言うのは、盲腸で細菌に発酵をさせ、
大切な栄養分をたくさん作らせたものを、
もう一度食べる事によって小腸に送り込むと言う、
生物としてウルトラC級の消化システムなのです。


このHP内の文章、イラストの無断転載を禁じます。
著作権の一切は二本松昭宏に帰属します。
ライン

あなたのご感想を心からお待ちしております。

おなまえ(ハンドルでも)

メールアドレス(できれば)


性別

メッセージ・ご感想