「次何日」とカルテに書いてあるのですが


 治療でよく見かけるとほほな事の一つは、
「飼い主が、獣医師の指示を守ってくれない」
ということです。

中でも薬と来院の指示は一番多いものです。
薬も、「何日分」と渡していても、
症状が良くなれば、それで薬を止めて、棚においておく、
ということはしばしばあるようです。

単なる下痢などで、対症療法として渡している場合はそれでも良いのですが、
「症状が落ち着いてからもしばらく飲み続けてないと、
 また再発してしまう様な病気」
だったりすると、また再発して来院、
ということもあります。

次の来院の指示もよくあるもので、
カルテに「次は3〜4日後」などと書いていても、
その後症状が落ち着いたからと来なくなってしまっている、
ということもしばしばあったりします。

例えば、外耳炎で耳の洗浄をする、という場合でも、
治りかけで治療を止めてしまうと、
またぶり返してしまい、元通りになってしまう、
ということも、しばしばあったりします。

しっかり治るまで確認して、
「これならもう良さそうだ」
という状態になるまで、続けてみせてもらった方が良いのですが、
飼い主さんの自己判断がなされてしまって、
それで終わってしまうと、
しばらくしてから、以前の日にちのところに、
「次回は〜日後」という文字が寂しそうにぽつんと残っている、
という事に気づく事になります。

もちろん、それでどうということもないということも多いのですが、
中には、見せてもらわなければえらい事になる、
ということもたまにはありますので、
指示を受けていた場合は、それを守っていただけるとうれしいです。


このHP内の文章、イラストの無断転載を禁じます。
著作権の一切は二本松昭宏に帰属します。
ライン

あなたのご感想を心からお待ちしております。

おなまえ(ハンドルでも)

メールアドレス(できれば)


性別

メッセージ・ご感想