そけい部ならラッキー


動物病院で一番多い手術は、
去勢手術と避妊手術です。

去勢手術は、お腹を開けるわけではなく、
そこに見えている精巣を切って取り出すものですので、
手技的には避妊手術よりもずいぶん簡単です
(もちろん、だからといって気は抜けません!)。

ところで、去勢手術を行う前に、
一番気をつけておかないといけない事は、
「タマタマが二個きちんとあるか」
ということです。

もしも二個とも降りて来ていない「陰睾」の状態だと、
お腹を開けて取り出すのが一苦労で、
下手をすると避妊手術よりも大変な事もしばしばだからです
(精神的プレッシャーは避妊手術の方が軽いです)。

とは言っても、精巣が陰嚢の中に降りていない陰睾でも、
全部が全部お腹を開けないといけないとは限りません。

結構な確率であるのは、精巣が鼠径部まで降りて来ていて、
そこで止まっていると言う、鼠径部陰睾です。

鼠径部陰睾であれば、そこに見えている精巣の上を切って、
鉗子で丁寧に引っ張ってくれば、
ほぼ通常の去勢と近い形で、去勢手術を行う事が可能です。

鼠径部に見えていれば、お腹を開ける事もなく、
そのまま手術を行う事が出来ます。

そのため、陰睾の場合でも、精巣が鼠径部のところまで降りて来ていないかどうか、
術前によく見て触って、確認しておかなければいけません。

鼠径部に精巣が見えていれば、開腹セットを用意しておく必要はありません。
逆に、鼠径部に精巣があるのを見落として、
そのまま手術をしてしまうと、
お腹を開けたものの、精巣を発見できずに「ない、ない、・・」
と、途方に暮れて冷や汗を流す事にもなりかねません
(触ればすぐに分かりますが)。

陰睾の場合でも、鼠径部にあるかないかで、
手術の難易度ががらりと変わって来ますので、
見落としのないように毎回しっかり見ておかないといけません。

あればラッキーなので、
飼い主さんや本人にとっても、獣医師にとっても心が楽になる朗報ではありますね。


このHP内の文章、イラストの無断転載を禁じます。
著作権の一切は二本松昭宏に帰属します。
ライン

あなたのご感想を心からお待ちしております。

おなまえ(ハンドルでも)

メールアドレス(できれば)


性別

メッセージ・ご感想