日本の薬事承認は遅い


先日クローズアップ現代で、
「日本のワクチンは20年遅れている」というものを放送していました。

外国ではずいぶん以前から認められているワクチンや、
無料で受けられるようになっているワクチンが、
日本では認められていなかったり、高額な費用がかかってしまうため、
予防できるはずの病気にかかって病気になってしまう子供が続いているという事で、
日本のワクチンが遅れているということでした。

中には、外国では新しい副作用の少ないワクチンが承認されているのに、
日本ではまだそれが認められていないため従来型のワクチンしかうてず、
それによって副作用が起こってしまったという例もあるようです。

承認にギャップの起こる理由のひとつには、日本の審査が厳しくかつ遅く、
外国で用いられている薬剤が日本ではさっぱり承認されず、
国内では使う事が出来なくなっているということがあるようです。

医療でも国内外との間にギャップがあるようですが、
動物医療においても、日本の薬事の承認が遅いという状況はしばしば目にします。

フェレットのワクチンも日本にはないのですが、
鎮静剤のアセプロマジンや吐き気止めのマロピタントなど、
教科書や獣医学雑誌に載っているのに日本では発売されていない、
という薬はごろごろあります。

アセプロマジンなどは特に、安全性も高く、
鎮静効果も高く、使い勝手も高いのですが、
なぜか日本ではずっと未承認で発売されていないため、
欲しい人は外国から個人輸入して購入しなければいけません(もちろん合法です)。

ただし、ワクチンなどは一般の薬剤と異なる「生物学的製剤」に相当しますので、
輸入は出来ません(密輸入となってしまいます)。

アセプロマジンのように、多くの獣医師が使っているものが長年日本で発売されない理由はさっぱり理解できないのですが、
製薬会社の利害とか、治験を行ってまでペイできるかということが関係しているのかもしれません。

ここまで長年承認もされないところをみると、
もはや承認して国内で販売へと向かう意思も意欲もないのだろうかと思っています。

フェレットのワクチンなども日本ではさっぱり承認されてこないので、
やむなく犬用のワクチンをジステンパー予防のために流用しているという事は、
フェレット飼いの人であればご存知だと思います。

セミナーなどで外国の先生がやってきて講義を行う事もあるのですが、
そんな時に外国で使われている薬が第一選択薬として出て来たりすると、
「その薬は日本ではまだ発売されていないんだよなぁ」
と、そこかしこからため息が聞こえて来そうです。

外国で第一選択として使われているような薬が、
なぜそんなに承認されないのかと言うのは不思議ではあるのですが、
だらだら時間がかかって利益を損なわれるのは、
患者側と医療者側のすべてですので、
いい薬は早く日本国内でも使えるようにして、
「外国なら治療できるのに、日本だからどうにもならない」
なんて事が起こらないようにして欲しいものだと願います。


このHP内の文章、イラストの無断転載を禁じます。
著作権の一切は二本松昭宏に帰属します。
ライン

あなたのご感想を心からお待ちしております。

おなまえ(ハンドルでも)

メールアドレス(できれば)


性別

メッセージ・ご感想