セキセイインコの性別判断


 ちょっと知っていればすぐ分かるのだけど、
知らない人は驚く、という知識がしばしばあります。

中でもセキセイインコの性別判断と言うのはその部類の知識であり、
知っているとすぐに分かるのですが、
知らない人はまったく知らないため、
ぱっと一目見て性別を言い当てると、しばしば驚かれます。

実はセキセイインコの性別というのは、ろう膜で見ればすぐに分かります。
ろう膜と言うのは、人間の鼻の位置にあたる部分の膜のことですが、
ここの色を見れば、比較的簡単に性別を当てる事が出来ます。

基本的に、ろう膜が青色なのがオス、白色なのがメスです。

基本的、というのがどう言う意味かと言えば、
オスでもメスでも、発情や病気と関連して色が変わったりすることがあり、
また、中にはろう膜の色で性別が分からない品種があったりするからです。

オスは基本的に青色ですが、
精巣の腫瘍だったりして、ホルモン異常の状態だと、
色が変わったりします。

メスでは、通常が白色ですが、
発情して来ると、ろう膜は茶色になります。
持続的な発情状態になったりすると、常時茶色になったりもします。
卵巣に異常があったりしても、色が変わったりします。

そして、品種的には、だいたいの品種ではオスが青、メスが白なのですが、
ルチノーとハルクイン、アルビノだけは、
オスでもろう膜の色が青くならないので、ぱっと見では分かりません。

つるつるぷっくりしていればオス、
がさがさしていればメス、とされています。

発情だったり、精巣腫瘍だったりすると、オスなのかメスなのか、
判断が出来なかったりする事もあるのですが、
一番確実なのは、「卵を産んだらメス」という事だったりします。

セキセイインコは割合性別が分かりやすいのですが、
他の鳥だと、さっぱり分からなかったりするものもあります。
鳥の検査センターで、「雌雄判定」という項目もあるくらいなので、
なかなか分かりづらかったりします。

中には、
「オスと聞いて買って来たのに卵を産み始めた」
という話もあるようですが、
鳥にとっては、相手がオスなのかメスなのかというのは、
簡単に分かるものなのでしょうね。


このHP内の文章、イラストの無断転載を禁じます。
著作権の一切は二本松昭宏に帰属します。
ライン

あなたのご感想を心からお待ちしております。

おなまえ(ハンドルでも)

メールアドレス(できれば)


性別

メッセージ・ご感想