おしりを引きずる姿がかわいいというけれど


僕も子どものころから犬を家で飼っていましたが、
昔不思議に思っていたしぐさとして、
「お尻を下にこすりつけながら、前足で前進する」
というものがありました。

子どものころはその意味も分からず、
面白い仕草だと思っていたのですが、
今から思うと、あまり楽しめるような仕草ではないと思います。

なぜなら、その仕草の時には、
肛門嚢に液体がたまったり、炎症が起こったりして、
それを気にして犬がおしりをこすりつけているものだからです。

犬、猫などには、肛門の横に、別名「におい袋」とも呼ばれる、
肛門嚢という袋があります。

通常はその液は、便をする時に肛門括約筋の収縮によって、
便に付着して出て行きます。

作られるのと釣り合う量が定期的に出て行く事によって、
たまりすぎないようにバランスが保たれているのですが、
肛門括約筋が弱かったり、便が柔らかかったり、
分泌液の粘稠性が増加したりすると、
うまく液が排出されず、たまりすぎる事があります。

貯留しすぎたり、嚢に細菌が感染したりして炎症が起こると、
肛門嚢がむずがゆくなって、下でこすりはじめます。

したがって、下でこすっているのを見つけたら、
早めに肛門嚢をしぼって、たまっている液を排出させてあげる方が良いです。

もし炎症が起こっていたりすると、しぼった液に出血が見られる事になりますので、
その時には、動物病院で診察してもらって方がいいです。

下にこすりつけているのを見て、面白いなぁと見ていると、
下でお尻をこすっているうちに、液が排出され、
その液は床に塗り付けられているということになる可能性があります。

肛門嚢液は臭いですし、衛生的ではありませんので、
あまり下でこすって出させると言うのは、
気持ちのいいものではありません。

今は、肛門嚢の存在は割合良く知られるようになっていると思いますが、
下でこすり始めたら要注意のサインですので、
ご注意ください。


このHP内の文章、イラストの無断転載を禁じます。
著作権の一切は二本松昭宏に帰属します。
ライン

あなたのご感想を心からお待ちしております。

おなまえ(ハンドルでも)

メールアドレス(できれば)


性別

メッセージ・ご感想