動物病院専用品のネット販売、やっぱり間違ってる


2年ほど前から動物病院業界では、ネット販売の問題が指摘されています。
とりわけ大きな問題になって来たのは去年からです。

「動物病院専用品は、動物病院でしか販売していません」
と言っても、当の動物病院自身でネットで売っているような人がいるのでは、
何のための動物病院専用品なのか分かりません。

ネットで動物病院専用品を不特定多数に販売すると言うことは、
他の獣医師が診断を付け、治療を行おうとしているところに、
横から利益を吸い上げようとしていると言う事に他ならず、
その無神経さ、無責任さ、倫理観のなさに、
日本中の大多数の獣医師が腹立たしさを感じていると思います。

うちはネット販売は絶対にしない、と考えている病院もあれば、
すでにもうしている病院もあったりと、
獣医師にとって考え方はいろいろだと思います。

ネット販売に関して、ひとつ確かに言える事は、
「倫理観の低い(もしくは欠落した)獣医師から手を出して行く」
ということです。

今もうすでにネットでの安売りに手を出している獣医(あえてこう言います)は、
間違いなく、獣医師業界の中でも、
倫理観の低い部類の人間です。

なぜかと言えば、不特定多数への動物病院専用品の販売と言うのは、
倫理的に見て明らかにおかしい部分を含んでいるのに、
儲けのためと割り切って自分の良心を押さえ込まなければ、
手を出すことができない領域だからです
(はなから欠落していれば押さえ込む必要もないのですが)。

ノミ予防の薬や純粋な健康のためのサプリメントなら、
まだ分からなくもないですが、
病気の治療のための治療用療法食や治療用サプリメントとなると、
そもそも、そんなものをネットで自由に売っていいのかと言う疑問がまずあります。

病気治療のための食餌やサプリメントと言うのは、
ラベルにも「動物病院専用」と書いてあるものですが、
なぜ動物病院専用となっているかと言えば、
医療に関わるものであるために、
診断を受けてから動物病院で処方されるべきものであり、
処方された後も、続けて経過を見て行く必要があるものだからです。

したがって、それらは獣医師の診断にしたがって「処方」されているものであり、
ただ単に「販売」されているものではありません。

ネットで不特定多数に販売するという事は、
診断もなく、経過の診察も行わず、
ただ小売り業の業務を行うという事です
(これが軽蔑される理由のひとつです)。

ネットで病気治療のためのものを販売するという事は、
前提として病気への診断がなされているという事を意味しています。

診断が必要なものを、なにもなしにネットで販売するという事は、
「診断は他の病院でしてもらって来て下さい。
 その後は、是非うちでお買い求めください。」
と言っているということです。

動物病院専用の治療用フードやサプリメントは、
診断が下った後も獣医師が経過を続けて見て行った方がいいからこそ、
「動物病院専用」となっているのですが、
ネットで不特定多数の人に診察もなく販売したような人が、
経過を見て行ったりすることができるのかというと、
できるはずもありません(するつもりもないでしょうけれども)。

ネット販売をしている人たちは、
HPで「少しでも安い値段で提供したいので」
と書いていますが、考えるまでもなく、それはまず嘘です。

ネット販売の人たちが望んでいるのは、
それで「儲け」を出す事であり、
目指しているのは、薄利多売で利益をたくさん出す事だけです。

その後の経過観察をすることもないでしょうし、
買ってくれた人がどうなろうと、責任は持ってはくれないでしょうし、
相談しても、おそらく「知ったこっちゃない」と言われるでしょう。

買った人の動物の症状が変化したとしても、
「かかりつけの病院で診てもらって下さい。」
と言うのかもしれませんが、ネットで買うようになって、
ぱったりと病院に行かなくなったと言う人に、
そもそもかかりつけの病院と言えるものが残っているのかは疑問です
(そのことに関しても、おそらく「知ったこっちゃない」と言うでしょう)。

医療には、獣医師と飼い主さんの信頼関係が必要不可欠ですが、
良いように使われて、ネットに行ってしまったという時点で、
少なからずの場合、信頼関係は壊れていると思います
(僕は少なくともそういう人を"信頼"はしません)。

テレビをネットで買うのと、療法食をネットで買うのとどう違うのか、
とは前もコメントをいただいた事ではありますが、
病気の診断と経過観察が必要で、
間違った使用方法をすると重大な結果をもたらしうるという点において、
医療に関わるものは決定的な違いを持っており、
危険性を含んでいるのだと思います。

現在は、動物用医薬品は許可さえとっていればネットで売ることができ、
法律でとがめられる事もないのですが、
医薬品はネットでの販売を禁止されているのに、
動物用であれば同じ成分の製品でもネットで販売できる、
というのは疑問を感じます。

今は儲けを出したい人間からネットに手を出して行っているものの、
まだ少数で、限定的な問題となっている現状です
(だから今手を出した人間ほどうまみが大きいのですが)。

とはいえ、このまま進んで行けば、
将来的に深刻な事態になって行く可能性はかなり大きいです。

まじめに手を出さない獣医師ほど、経営を圧迫され、やる気もそがれ、
その一方で、倫理観が低く、
儲かりさえすれば何をしても良いと思っている獣医ほど利益を上げて、
ますます栄えて行くという事になります
(このことが一番の問題だと思います)。

将来的には、倫理観のないネット販売獣医と、
高度医療を行ってネット販売など気にせずやって行ける動物病院だけが生き残り、
ごく普通の、まじめに仕事をしている町の動物病院は、
ネット販売や高度医療に患者を紹介するための窓口と成り果てて息も絶え絶えになっているという、
目を覆いたくなるような惨状になっているかもしれません。

今は生真面目に倫理観を持ってネット販売の安売りはしまい、
と思っている獣医師でも、切羽詰まって追いつめられれば、
宗旨替えをし、ネット販売に踏み切って、
生き残りを計ることを考えて行くようになる可能性も考えられます。

行き着くところまで行った状態では、
倫理観は儲けの邪魔でしかなく、
モラルハザードを起こした状態が当たり前だと見なされるようになりかねません。
そうなれば、正直者でいること自体がおかしな目で見られるような世の中になってしまいます。

僕もネットへの対抗策として、
スタンプカードを導入して、10%還元を行いはじめている状態で、
スタンプカードを止めるつもりも今のところはないのですが、
末端のいち獣医師として、これ以上業界が変な方向に進んで行くのは、
正直まずいと思います。

流れを食い止めるには、
「動物病院専用」のものをネットなどで不特定多数に販売する、
という行為を禁止するしかないと思います。

安売り云々が問題なのではなく、
獣医師としての診断の上で「処方」されるべき製品を、
見た事もない不特定多数の相手に「販売」するというその行為が、
問題と危険性を含んでおり、
倫理的にも理屈的にも、どう考えても間違っていると思うからです。

病気と診断して出される製品は、
診断を受けて、経過観察される上で、
それを診た獣医師から出されるべきものだと思います。

ネットであった事もない相手に医療に関わるものを販売するとして、
そこで、いったい誰が診断をして、
製品の選択や変更の決定を行っているのかという話になります。

望ましい獣医療のあり方と言うのは、

「獣医師が飼い主さんと動物のためを純粋に思いながら、
 飼い主さんと信頼関係を構築して診療に当たって行く」

ということなのだと思いますが、
飼い主さんをただの購入相手と見なし、
かかりつけ医との関係を断ち切らせるネット販売の存在は、
より良い動物医療へと業界が進んで行くのを真っ向から妨げるのではないかと思います。

業界内のモラルに任せる、ということでは、
モラルに欠けたものから次々と手を出して行き、
モラルを捨て去らなければ生き残っていけなくなっていくと言う、
今の流れを変える事は出来ません。

これを食い止めるには、法的な規制によって、
診てもいない相手に動物病院専用品を販売すると言う行為に規制をかけるしかありません。

いち獣医師として、
法律によってネットでの販売に規制がかかる事を、
心から切に望みます。

補足:
 病院との距離的なものは、病院から郵送してもらうという手段がありますので当てはまりません。

 安く売るのが問題だと言っているのではなく、
 主眼は「診てもいない不特定多数に販売する」という行為の方です。
 不特定多数への薄利多売を目指すからこそ、
 安売りになっていくのです。

 ネット販売で信頼関係を壊すと言うのは、
 飼い主側の足を遠のけるというだけでなく、
 獣医師側の心も砕きます。
 「この人もネットにいってしまうのだろうか」と考えながら説明をするとしたら、
 獣医師はモチベーションを維持できるでしょうか?

 メーカーにとっては、ネット販売の横行は確実に売り上げ減少へと働きます。
 ネットで買われるかもしれないと思ったら、
 獣医師側は、そんなものを一生懸命説明したり、
 勧めたりしないようになっていくと思われるからです。

 より良い医療へ向かうことへも阻害となります。
 より利益を与えることを考えて、
 サプリメントや療法食を選んでもなんにもならないと考えるならば、
 最初からそんなものを提示せず、
 薬だけで継続してもらう方がよっぽどましだと獣医師が考えてもおかしくないからです。

 今の流れは、獣医師業界にモラルハザードを蔓延させる方向に向かいつつあります。
 モラルハザードを起こさせ、
 正直者が正直に生きて行けないようにさせておいて、
 信頼関係だの、良心だの、誠意だのを獣医師側に求め続けるというのは、
 "ちゃんちゃらおかしい"ことだと思います。

 僕が望むのは、真面目にこつこつとやって行きたいと願っている人間が、
 良心と倫理観を持って、心から充実しながら仕事をして行ける、
 そういう世の中であってほしいということだけです。


このHP内の文章、イラストの無断転載を禁じます。
著作権の一切は二本松昭宏に帰属します。
ライン

あなたのご感想を心からお待ちしております。

おなまえ(ハンドルでも)

メールアドレス(できれば)


性別

メッセージ・ご感想