猫の方が中毒になりやすい


これからの時期、いろいろな中毒物質に気をつけなければいけない時期になって来ますが、
患者としてやって来るのはだいたいが犬です。

農薬のついている草を食べたり、落ちているものを拾ったりして、
中毒物質を摂取してしまうという事が多いようです。

ところで、犬の方が猫よりも中毒の発生率は多いと思いますが、
体の構造から言うと、犬よりも猫の方が、中毒になりやすい構造になっています。

なぜかと言えば、犬は雑食動物ですが、
猫は完全肉食動物だからです。

雑食動物というのは、植物性の食物も口にする動物なのですが、
植物性の食物と言うのはしばしば動物に害を与える毒素を持っています。

植物にとっては、動物に食べられると言うのはすなわち、
自分の生存を脅かされるという事ですので、
自分の体内に毒を作る事で自分の身を守っています。

植物が毒を持って身を守るように進化して来ている一方で、
動物はそれを解毒する力を得るように進化して来ています。
毒が体の中に入って来て、それを分解できなければ、
食べたものによって自分が死に至る可能性が高まってしまうからです。

雑食動物であれば、自分が食べたものの中に、
いつ毒素が混ざっているか分かりませんので、
それにある程度対応できるように、うまくしくみができあがっています
(それを超えた量の毒が入って来た時に中毒が起こるのですが)。

それに対して、猫は完全肉食動物です。
完全肉食動物においては、毒を持っている植物は口にする事がありません。

毒が入って来ることがないのであれば、
入って来た毒に対処するという必要もなくなります。

したがって、猫は毒素を分解する能力がとても低い動物となっています。
分解する能力が低いと言う事は、
生物として欠陥であるとかそう言う事ではなく、
"必要がない"から身につけてこなかったということです。

解毒能力が低くても、中毒物質を口にしなければ問題にはならないのですが、
本来の食物ではないものを食べてしまった時には、
犬よりもその毒の影響を強く受けてしまいます。

例えば、アスピリンと言うのは柳の樹皮から取れる化学物質ですが、
猫ではアスピリンの分解能力が低いため、
間違えて人間の薬を口にすると、
人間にとっては少ない量でもアスピリン中毒になってしまう可能性が出て来ます。

その他にも、犬では大丈夫だけど、
猫では口にすると中毒になってしまう可能性のあるものはけっこうあります。

とはいえあまり猫で中毒が起こらないのは、
犬に比べると、変なものを口にする可能性が低いからです。

猫が自分で"中毒になるからやめておこう"と思っているわけではないでしょうけれど、
人間用の薬などでも間違って口にすると、
犬が口にしたときよりも中毒になりやすいですので、
猫を飼っている家庭では、薬などは特によけておいた方が良いと思います。


このHP内の文章、イラストの無断転載を禁じます。
著作権の一切は二本松昭宏に帰属します。
ライン

あなたのご感想を心からお待ちしております。

おなまえ(ハンドルでも)

メールアドレス(できれば)


性別

メッセージ・ご感想