猫とボンネット


動物病院にはあまり医学的でない相談というのも時折かかって来るのですが、
その中でもたまにあるのが、

「猫が近所の車のボンネットに乗ってしまい、
 苦情を言われているんだけれど、なにか解決法はないのか」

と言った相談です。

車に乗って困る理由としては、車に足跡を付けられて不愉快だとか、
車に爪のキズ跡を付けられるので困る、車の上にウンチをされる、
という事が多いようです。

動物病院なら何か妙案を知っているのではと思って電話をして来るのでしょうけれども、
僕もうまい妙案と言うのは持ち合わせていません。

猫と言うのは、高いところに登ると安心するようで、
周りを見渡せる様な車の上で休んでいると、どうやら居心地が良いようです。

それに加えて、寒い中で、
車の上がエンジンや日光などで暖められていてぽかぽかとしていれば、
猫も温かくて居心地が良いのだと思います。

車の持ち主にしても、仮に猫が好きな人だとしても、
大切にしている車を汚されたり、傷を付けられてしまったりすれば、
不愉快に思う気持ちを抱くのも当然だと思います。

そもそものトラブルになぜなったかと言うところを考えれば、
猫を屋外に自由に出歩かせてしまったから
ということがまずあります。

猫は自由に歩いていれば、当然一番居心地の良いところで休む事を選びますので、
車の上が居心地が良いと感じてしまえば、
車の上で好んで寝そべるようになってしまう可能性も十分あります。

となると、根本的な解決の提案としては、

「猫を外に出さないようにしてはいかがですか」

ということになります。

ただ、口で言うのは簡単ですが、
飼い主さんはそれをできないからこそ相談をして来ているのではあります。

「家の中だけで飼った方が良いですよ」
と言った時に、
「そんな事言っても勝手に出て行ってしまうんです」
という答えが返って来た事は数知れずです。

最初から外に出さずに家の中だけで飼っていれば、
"外に行きたがりもしない"、"外に連れて行かれるのをむしろ嫌がる"、
という猫になる可能性が高いですが、
一旦外に行く楽しみというのを覚えてしまうと、
自分でドアを開けて出て行ってしまうということになってしまいがちです。

車に飛び乗った時に爪が当たるとか、
車で爪研ぎをしている(!)とか言うのであれば、
爪抜きの手術(積極的に勧めはしないですが最終手段です)をして、
爪が当たらないようにさせるという方法もあります。

ただそれでも車に飛び乗れば足跡はついてしまいますので、
苦情の軽減にはなっても、根本的な解決にはなりません。

それ以外には行動療法として「乗りたがらないように学習させる」
という方法も考えられます。

猫がテーブルに乗るのを防止するためには、
テーブルの端にガムテープを逆さまにしたものでブロックをしておいたり、
乗った刹那に水鉄砲や酢の霧吹き、音や光の刺激などで"こらしめる"という方法があります。

でも、ターゲットが車となると、ガムテープを使うわけにもいきませんし、
水鉄砲や霧吹き、音や光刺激というのも難しいかと思います。

金に糸目を使わないのであれば、
立派なガレージを寄贈するとか、
車のカラーリングを黒っぽいものから白っぽいものに変えてもらう
(日光でぽかぽかしないようにと足跡が目立たないように)
という方法もないではないですが、どうにも現実的ではありません。

というわけで、良いアイデアと言うのは思いつかないのですが、
最終的には車の持ち主さんと話をしながら、
折り合いを付けてもらうしかないと思います。

猫が原因で近所の仲が悪くなるのもよろしくないですし、
できれば猫を手放す事にもなって欲しくないです。

近所とのトラブルを考えても、猫の飼育においては、
「猫は室内だけで飼う」
ということの方が、やはり良いのだと思います。
トラブルになってから悩むよりも、
トラブルを引き起こさない様な飼い方を最初からした方が、
人間も猫も幸せでいられるのだと思います。


このHP内の文章、イラストの無断転載を禁じます。
著作権の一切は二本松昭宏に帰属します。
ライン

あなたのご感想を心からお待ちしております。

おなまえ(ハンドルでも)

メールアドレス(できれば)


性別

メッセージ・ご感想