熱中症にご注意!


これからの時期、一番気をつけないといけない事のひとつが、
「熱中症」です。

去年も僕の病院では2頭の動物が熱中症でなくなりましたが、
夏になって来ると、毎年熱中症の動物が運ばれて来ます。

動物の場合は、暑ければ自分で移動しようとするのですが、
事故が起こるときと言うのはだいたいが、
飼い主さんの"ついうっかり"で、
動物が回避しようのない状況に置かれてしまって熱中症となってしまう
と言うことが多いようです。

去年亡くなった子も、それぞれ、

・ガレージに入れておいて閉じ込めてしまった、
・散歩に連れて行って木にくくった後、忘れて帰って来た

というものでした。

動物にすれば、暑いんだけど、逃げたくても逃げられず、
どうしようもないという状態に置かれてしまうわけで、
さぞ苦しかった事だろうと思います。

その他、部屋に動物を入れておいて、
冷房や換気を仕損なって熱中症になったという例も多いですので、
室内だからと油断せず、気をつけてあげて欲しいものです。

エアコンを付けておくのが大変だとしても、
日陰においておいて、扇風機を付けておく、
もしくは風通りを良くしておく、というだけでもずいぶん違います。

もしも熱中症になってしまって倒れているのを見つけたら、
まずする事は「水をかける」ことです。

僕の病院でも、高体温の場合はまず水をかけて、
そのあと扇風機にがんがんかけ、気化熱で熱を奪います。
氷を直接体に当てても、表面の毛細血管は収縮してしまって効果が半減しますので効果は薄いです。
もしアイスパックなどを使うのであれば、
腋の下や太ももの内側など、大血管を冷やすようにします。

注意が必要なのは、高体温を下げたら、
今度は低体温になって来るということです。

高体温で弱った状態で、体温調節能力は低下しますので、
今度は体温が下がりすぎます。

また、ショック状態に近づいていると、
体の血圧は下がっていますので、
輸液をしてあげる必要があります。

ようするに、最初に熱中症で倒れているのを見つけたら、

まず水をかけ、そのあと急いで病院に連れて行く

ということになります。

水をかけるのは病院でなくても出来ますし、
高体温は急いで下げないといけないので、
家で見つけた時点でかけてもらった方が良いです。

ただ、低体温に注意しなければいけないですし、
輸液も必要となって来る場合が多いので、
そのまま家で見ているよりも、病院に診せてもらった方が良いです。

したがって、水だけかけたら急いで病院に、
というのがベストだと思います。

もっとも、一番良いのは最初から熱中症にかからないという事ですので、
快適に過ごしてくれるように気を使ってあげて、
熱中症にならないようにしてあげていただきたいと願います。


このHP内の文章、イラストの無断転載を禁じます。
著作権の一切は二本松昭宏に帰属します。
ライン

あなたのご感想を心からお待ちしております。

おなまえ(ハンドルでも)

メールアドレス(できれば)


性別

メッセージ・ご感想