獣医師としての目標地点


獣医学雑誌を読んでいたところ、
顧客満足度についてのなかなかに良い記事を見つけたため、
スタッフにも読んでもらって、顧客満足についてちょっと話をしていました。

雑誌の記事では、
「動物病院としての目標をスタッフ間で共有する」
とあったため、ちょうど良い機会と、
僕の考えている動物病院としての目標をについて話をしました。

僕が思っている、僕の獣医師としての目標地点について書いてみたいと思います。
僕の病院は、特に¢蛯ォな病院というわけでもありません。

さして人口の多くもない地方の町で、
スタッフ2名(春から増えました)と嫁さんと、
獣医師は僕だけで開業している、日本のどこにでもあるような、
小さな町の、ごく普通の動物病院です。

大きな町で、大きな動物病院を構え、
高価な機器を揃えて最先端の医療を行っている病院と比べると、
動物病院としては、来院数でも医療のレベルでも、
はるかに太刀打ちできません。

もしも獣医師としての目標地点が、
「立派な病院への成長」という一本道だけだとすると、
地方の小さな町で開業している動物病院は、
そこにはおそらくたどり着けません。

ただ、大きな動物病院になり、
高価な機器を揃えて行かなければ、
獣医師として、動物病院としてだめなのかと言うと、
僕はけしてそうではないと思います。

獣医師として生きて行く上で、
それぞれの獣医師が目指すべき道は、一本道ではないです。
都会で開業している大きな病院の獣医師と、
病院の規模で競おうとしても仕方ありません。

僕は、僕なりに、自分の出来る事を考えて、
そこを目指して努力するのみです。

僕が、獣医師として診療をする上で、
目標地点と考えていることは、けっこうシンプルです。

それは、
動物が亡くなった時に、飼い主さんに、
「この子と一緒にいて良かった」
「先生に診てもらえて良かった」
と言ってもらうことです。

すべての病気を治すと言うのは不可能ですし、
すべての患者を永遠に死なないようにするというのも無理です。

死を獣医師の負けと設定してしまうなら、
獣医師にとって、勝敗の確率は、
必ず敗北率が100%となって獣医師の負けとなってしまいます。

すべての命あるものは、いずれ死ぬのであり、
命の摂理を曲げる事は出来ません。

病気を治し、命を助けるという行為は、
獣医師にとって、直接行う仕事ではありますが、
本当に大切にするべきで、目を向けなければならないことは、
病気を治療すると言う事の向こう側にあるのだと思っています。

動物の命の向こう側にあるものは、
飼い主さんが心に抱いている、
動物に対しての思いであり、
命に対しての願いです。

飼い主さんは、動物を飼い、
動物と一緒に暮らしていますが、何も、
「難しい病気を、ものすごい治療で治してもらう」
ために、動物を飼っているわけではありません。

ただ、動物を飼う事で、
大切な家族とかけがえのない時間を過ごし、
幸せな気持ちを感じたいという、
ただそういう思いで動物を飼っているのだと思います。

そうであるなら、僕としては、
「飼い主さんが動物と幸せに暮らしてあげられるためのお手伝いをする」
ということが、獣医療を通じて目指す事であり、
それができれば良いと思っています。

動物に対しての思い、命に対しての願いを、
医療という事を通して動物に届け、飼い主さんの願いを叶える事が、
獣医師としてしてあげられる事なのだと思っています。

そのことは、大きな病院を持ち、
高価な医療機器がそろってなければ出来ない、
というものではありません。

極端な話、フィラリアやワクチンなどで生計を立てながら、
普段は飼い主さんと健康相談や世間話をしているだけでも、
飼い主さんに幸せと感じてもらい、
動物が亡くなった時に、
「先生、ありがとね」
と言ってもらえたとしたら、獣医師としての仕事は、
それで成功だったのだと思います。

動物と飼い主さんの幸せな生活のお手伝い、
ということであれば、ごく普通の町の獣医師でも、
いつでも目指す事が出来ます。

もちろん、獣医師の役目の最大のものは、
「病気になった時に、健康な状態にしてあげて、
 また幸せに暮らせるようにしてあげる」
ということですので、そのために必要な、
獣医師としての知識、技術、病院の施設などは、
ずっと向上させ続けなくてはいけません。

僕は、ごく普通の、町の獣医師です。
町の獣医師として願う事は、
飼い主さんと動物に、幸せに暮らしてもらう事です。

願いに願いで答えながら、飼い主さんと、
喜びや苦しみ、悲しみを、ともに分かち合っていけたなら、
町の獣医師として、それ以上に幸せを感じられる事はないと思います。

そのためには、10年以上の単位で、
信頼関係を築き、その関係を維持して行かなければいけません。

僕は心で動く獣医師でありたいと願っています。
心で動くという事は、
「なんとかして欲しいという願いに、なんとかしてあげたいという願いで答える」
という獣医師でありたいという事です。

そのために、飼い主さんと信頼関係を築き、
心を開きあって向き合いたいと願っています。

でも、かといって、相手を選ばず信頼したり、
心を開く事は、時に危険です。

こちらが精一杯心と体を砕き、心を開いたとしても、
踏み倒しなどの裏切りを受けたり、
謂れのない理不尽なクレームを受けたり、
逆恨みされて斬りつけられたりということを繰り返し受ければ、
獣医師も人としての心を持つ限り、
いつか必ず、心が折れ、砕けてしまう日が来ます。

心で動く獣医師と言うのは、医療者としてひとつの理想ではありますが、
相手を見極めて、信頼しても良いか、心を開いても良いかという事をよく考えないと、
いずれ心が燃え尽きてしまいかねない危険性をはらんでいます。

心を注ぎ、心をオープンにしても良い相手かどうかを、
しっかりと見極めることは、自分の心を守りながら仕事を続けて行くためにも、
とても大切な事です。

ただ、そこで信頼関係が築けたと感じ、
なんとかしてあげたいと僕が願うなら、
僕は、僕の中の、心の願いを大切にするために、
飼い主さんに対して、精一杯の事をしてあげたいと願います。

誰に対しても信頼し、心を開いても問題がないならば、
それが一番幸せなのだと思いますが、
今は、それが徐々にしにくくなりつつある時代のような気がします。

信頼してはいけなさそうな人が来たとしても、
だからといって診察を断ったりする事はもちろんありませんが、
信頼できると確信できるまでは、
自分の心をいきなりむき出しにしたりはできません。

飼い主さんと信頼関係を築きあい、
相談や診療を通じて喜んでもらって、
「ありがとね」
と言ってもらえたなら、それが、
僕にとっては、獣医師冥利に尽きる瞬間です。

心が本当に通じ合っていたか、喜んでもらい、幸せを感じてもらっていたか、
それが分かるのは、何年、十何年経って、動物が亡くなった時です。

そのために必要なのは、小手先、口先のテクニック等ではなく、
本当の信頼関係、心と心のつながり合いなのだと思います。

「この子と一緒にいられて良かった」
「先生に診てもらえて良かった」

そう言ってもらえるよう、仕事を頑張るのだと思っています。


このHP内の文章、イラストの無断転載を禁じます。
著作権の一切は二本松昭宏に帰属します。
ライン

あなたのご感想を心からお待ちしております。

おなまえ(ハンドルでも)

メールアドレス(できれば)


性別

メッセージ・ご感想