口内炎とインフォームドコンセント


インフォームドコンセントを大切にしたいと願っている獣医師にとって、
嫌な事のひとつは「口内炎」です。

口内炎が出来ると、口の中が痛くて、
しゃべるたびに痛みが口を襲いますので、
重度の口内炎が起こったときは、涙が出て来そうになって来る事もあったりします。

いきなり口の粘膜に潰瘍が出来て口内炎が出来るという事も中にはありますが、
口内炎のできる可能性として一番高いのは、
「唇の内側を噛んでしまって、そこが炎症になってしまう」
ということです。

噛んだ後は痛くないのですが、次の日〜5日間くらいは、
痛くて腫れて、困った状態になってしまいます。

腫れた時には、ビタミン剤を飲んだりしながら、
腫れが引くのを待つしかないのですが、
あまりにも痛くてしゃべるのはおろか、
ゴハンさえ食べられないという場合は、
その場しのぎに局所麻酔のリドカインスプレーを患部に綿棒でちょいちょいと塗って、
痛みをしのぐ事もあったりします。

局所麻酔を塗ると、一時的に感覚が麻痺するので、
まさに"地獄から救われた"状態になってくれます。

口内炎用の副腎皮質ホルモンというものもありますが、
ステロイドの薬は炎症は確かに引かせてくれる一方、
肉芽増生の抑制と言う副作用も持っていますので、
長期的に見ると治癒の延長が起こるような気もするため、
僕的にはあまり副腎皮質ホルモンに頼りたくはないところです。

ところで、昔は口を噛むと、「あぁ、これで口内炎になってしまう・・」
とブルーだったのですが、最近はあることをしだしてから、
格段に口内炎になる程度が激減したような気がします。

その対処とは、いたってシンプルなのですが、
「こまめに歯を磨く」
というものです。

口内炎と言うのは、読んで字のごとく、
口の中で起こる炎症の事なのですが、
なぜ炎症が起こるかと言えば、口の粘膜に対して炎症を起こす要因が、
炎症を悪化させるからです。

そして、炎症を憎悪させる要因と言えば、
まず考えられるのは、食事の残渣と口の中の細菌です。

であれば、食事が終わったら、即座に歯を磨くようにしておけば、
残渣もなくなり、残渣を糧に増殖する細菌も増えなくなり、
炎症の悪化因子が減らせると思います。

そう思って、
「食事が終わったら即座に、毎回歯を磨く」
ということに気をつけだしたところ、
驚くほどに口内炎が起こらなくなりました。

疲れて来ると口の中を噛むという事は時折あるのですが、
最近は以前と比べてあまり炎症が起こらないので、
噛んだ後、以前ほどブルーになりません。

食事残渣と細菌さえコントロールできれば、
口の中と言うのは湿潤環境にありますので、
もしかすると、傷の治癒にとってはいい環境と言えるのかもしれません。

以前は炎症が起こったら一生懸命ビタミン剤を飲んでいたものですが、
ここしばらくはビタミン剤を飲まなくても苦痛は感じません。

もし口を噛んでしまって口内炎が悪化しそうな気配がしたら、
ぜひ試してみて下さい。


このHP内の文章、イラストの無断転載を禁じます。
著作権の一切は二本松昭宏に帰属します。
ライン

あなたのご感想を心からお待ちしております。

おなまえ(ハンドルでも)

メールアドレス(できれば)


性別

メッセージ・ご感想