フィラリアにかかったら誰が悪い


 フィラリアと言うのは、犬を飼っている以上、
絶対にしておいた方がいい予防ではあります。

ところで、病院に来ている飼い主さんの中には、
予防をしていない人も、たまにいたりします。

カルテは、なるだけ見直しては、
抜けていたり遅れている予防などがないか、
チェックするようにしています。

ところで、抜けているのを見かけて説明したものの、
みんながみんな、「じゃあ、お願いします」
と、それも依頼して来るわけでもありません。

中には、
「今日はいいです。」
と言う人もいれば、
「それは私は結構です。」
と言う人もいます。

そんな時、どこまで説明して勧めるかは、
なかなかに難しいところです。

予防できる病気を予防しておかないと、
それで病気になった時に飼い主さんが後悔したり、
不利益が及ぶ可能性がありますので、
病気の怖さを説明して勧めるのは基本なのですが、
それでも「いらない」と言われた時、
飼い主さんの意思を無視して無理強いをする事も出来ません。

「今日はいいです」
と言われたときは、とりあえずはパンフレットだけ渡しておき、
また考え直してもらうという事になります。

一方で、「私はそれはしません。」
ときっぱりと言われたときは、
雰囲気次第では「そうですか」と言うしかない場合もあります。

あくまで予防はすべきだと主張し、
飼い主さんとケンカをすると言う選択肢もないではないですが、
そうすると、飼い主さんはうちの病院にはきづらくなってしまいます。

説明したけれども予防を断られた場合などは、
カルテに、
「フィラリアの予防はしないとのこと」
などと、飼い主さんの意思で予防をしないことを選択した旨を記載しておきます。

ところで思うのは、フィラリアの予防をしなかったとして、
それでフィラリアにかかってしまい、
犬が病気になり、飼い主さんが大変な治療をしなくなったとしたら、
それは誰の責任になるのかという事です。

常識的に考えれば、推奨をされたにもかかわらず、
それを断り、予防をしないと言う選択肢をとった飼い主の責任、
という事になるのだと思いますが、
万一、まかり間違えてそれで訴えて来る人がいた場合、
"裁判所はどういった判断を下すのか"という事です。

以前も、人の医療で、腫瘍かなにかで主治医が治療を勧めたところ、
患者が治療を断り、悪化して取り返しがつかない状態になってしまった、
という症例があったそうです。

その患者さんは、自分が手遅れになったのは、
医師の説明不足があったからだと医師を訴え、
裁判所は、医師に責任があると判断を下したそうです。

医師は、きちんと説明したのに、
選択肢をとったのは患者さんだと主張したそうですが、
裁判所が言うには、
患者が選択肢を選ぼうとしたとしても、
それで悪くなりそうになる事が予測されたとしたら、
さらに粘り強く、治療をする事を勧め、
患者にとっての最善の結果につながるよう努力をする責任があった、
ということだそうです。

さらに深く話し合いをし、より強く治療を勧めたとして、
それでも断られ、その上で訴えられたとしたら、
医療者はどうすべきなのかと言うところですが、
裁判所曰く、それでも、さらにさらに粘り強く説明し、
より深く考え直すように、さらにさらに努力をする責任があるのだそうです。

それでは、さらにさらにさらに説明をし・・とした場合でも、
医師はさらにさらにさらにさらに努力をすべし、ということだそうで、
要は、訴えられたら医療者としてはもう"詰み"となってしまっている様な気配です。

インフォームドコンセントの考え方のもと、
説明をして選択をしてもらっても、それはパターナリズムが足りていないからアウトだ、
などというのであれば、
じゃあ、JBM(ジャッジメント・ベースド・メディスン)を満たすにはどうすればいいんですか、
という感じではあります。

お前らがどうしようが、お前らはアウトだ、
というのであれば、最終的には、
裁判官に診察をしてもらうしかない様な気もします。

後だしじゃんけんもここに極まれりという感じで、
そこまで行くとやってられないという感じになって来ますが、
これからの時代は、どう気をつけて仕事をしていても、
なんでそんな事でという事で訴えられて、
何を考えているんだという様な奇妙きてれつな思想の元で、
奇想天外な判決が出されるようになってもおかしく時代になって来ているのかもしれません。

フィラリアの予防も、しない人には、
「私は自分の意志で予防しない事を選択する事を選びました。
 どう言う結果となり、不利益を被ったとしても、
 獣医師を訴えたりはしません」
くらいの念書を取らないといけない時代も来るのかもしれません。

ただ、そんな念書は、裁判所曰く、
"何の意味もない"
だそうですから、どうしようもないのかもしれないですね。


このHP内の文章、イラストの無断転載を禁じます。
著作権の一切は二本松昭宏に帰属します。
ライン

あなたのご感想を心からお待ちしております。

おなまえ(ハンドルでも)

メールアドレス(できれば)


性別

メッセージ・ご感想