でぶっちょラブの子宮蓄膿症


卵巣子宮摘出手術と言うのは、手術の中でもよくある手術ではありますが、
実はけっこう難易度の高い方の手術ではあります。

というのも、腎臓の後ろのところにある卵巣を取り出して来て、
そこをしっかり縛って切断しなければいけないという手技が必要な手術で
(そこが一番の難所です)、
止血、結紮、分離、切断など、
手術の基本となる手技がひとつひとつきちんとできないと、
事故を引き起こしてしまう可能性がある手術だからです。

ところで、通常の場合は、それほど苦労もせずに手術を終える事が出来るので、
手術の難易度という事も意識しないのですが、
別格で難しいのは、「太った大型犬の子宮摘出術」の時です。

先日も太ったラブラドールが子宮蓄膿症になり、
緊急でお腹を開けて手術となったのですが、
途中で何度もうめき声を上げそうになるくらい(あげていましたが)、
苦労させられました。

太った大型犬が避妊手術を依頼して来たとしたら、
通常まずは「痩せさせましょうか」と言って、
ダイエットしてから避妊手術という事になるのですが、
子宮蓄膿症であれば、ダイエットしている間になくなってしまいますので、
やむなく緊急でお腹を開ける事になってしまいます。

太った大型犬の子宮摘出術ほど難しいものはないのですが、
なぜかと言えば、卵巣の根元の部分を、体外に出して来て固定する、
という手技が、とても大変だからです。

卵巣の根元の靭帯を、指で引っ張って伸ばす(もしくは切断)というテクニックによって、
ある程度卵巣が出て来るようになるのですが、
それでも太った大型犬だと、腹膜から体外までの距離も結構ありますので、
そうそうすんなりと出て来る事はありません。

やむなく、腹膜の上まで出て来たところで良しとしてそこで縛って切断、
となることが多いのですが、それにしても、
しっかりと縛らないと思わぬ出血をする事もありますし、
もしもお腹の中で出血となると、
また出血部位を探すのにヒーヒー言わさせる事になりますので、
手技のひとつひとつに、細心の注意と渾身の力が必要になって来ます。

大型犬で結紮となると、一番太い糸を使って、
力一杯締め付けないといけませんので、
終わった後は、中型犬以下の犬の場合の倍以上、
体力的に疲れてしまいます。

太って来てから子宮蓄膿症になると、
とても大変な事になりますので、
若いうちに手術をしておくか、
それともずっとスリムを保っておくかどちらかがベストだと思います。

レトリーバーなどだと、甲状腺の病気になっていて、
それが原因で太って来ている事もありますので、
それも要注意ではありますけれども。


このHP内の文章、イラストの無断転載を禁じます。
著作権の一切は二本松昭宏に帰属します。
ライン

あなたのご感想を心からお待ちしております。

おなまえ(ハンドルでも)

メールアドレス(できれば)


性別

メッセージ・ご感想