ダックスフンドとワクチンの話


ワクチンというと、動物病院につとめ始めたばかりの獣医師にまかされるような、
簡単なことと思われがちかもしれません。

たしかに注射の手技自体は難しくはありませんが、
かといって、気を抜いてできるというものでもありません。
なぜならば、ワクチンと言うのは副作用が出る可能性がゼロではないからです。

先に念のために言っておくと、
副作用が出る可能性と言うと、
そちらの方を心配してワクチンをうつのを止める、
という人がいるかもしれません。

でも、ウイルスが根絶されていない状況で、
免疫力がない状態でウイルスに接触すると、
感染症に感染して命に関わってしまう可能性があるわけで、
副作用の可能性とワクチンのメリットを天秤にかけると、
ワクチンはうっておいた方がはるかにいいと思われます
(去年もうちの病院でジステンパーが出ました)。

ワクチンの副作用として一番多いのは、
じんましんや元気低下、吐き気や下痢などです
(一番分かりやすいのはじんましんです)。

その他、一番怖いのはアナフィラキシーと言う、
急激な血圧低下で虚脱状態になるものです。

今のところ、僕の病院でワクチンをうった動物でアナフィラキシーになったことはありませんが、
代診の時には経験もしておりますので、
もし何かあった時に急いでうてるよう、
緊急投与用のエピネフリンはいつも用意しています。

ワクチンの副作用はうってみないと出るかどうかは分かりませんので、
いつも何かあってもすぐに対処できるよう心がけて、
注射をしています。

ところで、どの犬種に起こりやすいかですが、
一番有名で、統計学的に多いとされているのは「ミニチュア・ダックス」です
(他の犬種は話題になりません)。

ダックスと言うと、縫合糸に対しての反応が起こりやすかったり、
免疫が関係しているとも言われる鼻炎が起こる子もいたりと、
他の犬種とは、免疫的な具合がちょっと違うのかもしれません。

5種よりは8種の方が副作用が起こりやすいとも言われているのですが
(メーカー曰く、「変わらない」とのことですが)、
飼い主さんに相談した結果、8種ワクチンをうつ事になった時には、
やはり用心はしています。

去年もうっていて大丈夫という場合は、
可能性はより低いとは思いますが、
初めてのワクチンの場合は、
「今日は初めてのダックスに8種をうった」
と、覚えておかなければいけません。

じんましんが出るとしたら、通常数時間たってからですので、
夜になって、飼い主さんから電話がかかって来る可能性もあります。

たかがワクチン、されどワクチンですので、
事故なく、安全にワクチンをうちたいものです。


このHP内の文章、イラストの無断転載を禁じます。
著作権の一切は二本松昭宏に帰属します。
ライン

あなたのご感想を心からお待ちしております。

おなまえ(ハンドルでも)

メールアドレス(できれば)


性別

メッセージ・ご感想