犬の胸部の腫瘍摘出


 胸にあった腫瘍がだんだん大きくなってきて、ぐったりしてきたという犬が来院しました。
 腫瘍は表面の皮膚が自壊して穴が開いています。皮膚は全体的に内出血していて、DICを疑わせる危険な状態です。
 危険性をお伝えした上で、手術することになりました。

 電気メスを使いながら、切って、血を止めて、また切ってということを繰り返しながら、腫瘍を健康な組織を含めるように剥離していきます。
 腫瘍は大きくなると、それだけいっぱい血管も来ています。ようやく剥離し終えました。中央に見えているのが一番太い血管です。
 切除し終えました。大きな皮膚の欠損となりました。これからよせていくのが大変です。
 なんとかよせて縫合することができました。中央の位置には傷口にかかる張力を緩和するための縫合も施しています。
 大きな組織の欠損がおこると、液体がたまり傷口がくっつきません。余分な液体を排出するためのドレーンを左下の位置に設置しています。術後しばらくはタオルをあて毎日交換します。