犬の会陰ヘルニアの手術(内閉鎖筋+精管・直腸固定)

  お尻の横の部分がぽこっと膨らんでいるということで来院です。
 検査の結果、会陰ヘルニアという病気と診断し、手術を行うことにしました。

  お尻の横の部分が、直腸が皮膚の下に飛び出て来ていた部分です。
 便はかき出した後なので、膨らみは減っています。

  皮膚を切開し、組織をかき分けて行くと、筋肉と筋肉の間に穴が開いて、指がすっぽり入ってしまう空間ができていました。
 ここを通って、直腸が皮膚の下に飛び出て来ていた模様です。
  内閉鎖筋という、骨盤の裏側についている筋肉を利用して穴を塞ぐ、クラシカルな方法の手術を行うことにしました。
 内閉鎖筋を傷つけないように、筋膜ごとはがして持ち上げ、反転させます。
  内閉鎖筋を上側に反転させたら、穴の部分にパッチを当てるようにして、縫合します。
 筋肉と筋肉も縫合し、その他の軟部組織も縫合して、お尻の部分は閉じます。
  両方の精巣が陰睾というまれなケースでしたので、陰睾の手術をかねて、精管固定も行うことにしました。
 お腹を開けて中を探査すると、やや萎縮した精巣が見つかりました。
  左右の精巣を除去した後、直腸固定にうつります。
 直腸が後ろに下がらないように腹壁に固定して、ヘルニアを起こす可能性を減らすのが目的です。
 直腸を前に引っ張りつつ、どの辺りで固定するかを見ている所です。
  直腸を左側の腹壁に固定します。
  左側の精管を、腹壁を貫通させて、腹壁に固定します。
  右側の精管も、腹壁を貫通させて、腹壁に固定します。
  会陰ヘルニアは、術後の再発率がわりあい高い病気です。
 それはおおむね、むやみにワンワンと吠えて腹圧が上がるという性格が関係していることが多いのですが、病変の部位や穴の大きさ、本人の性格にあわせて 、いくつかの方法があります。
 単純にヘルニアになっているところの筋肉同士を縫合するだけ、というのでは再発が少なくないと言われていますが、いくつかの方法をあわせて行えば、再発の可能性は減らせると考えられています。