ネコの避妊手術

 ネコの麻酔は、ほぼ全て、イスフルレンのガス麻酔で導入し、ブトルファノールを追加注射した後、イソフルレンで維持するというプロトコルで行っています。
 全手術において、麻酔モニタを用いて、呼気中CO2、SpO2、血圧をモニタして行います。
 避妊手術は、健康な子を預かり、健康にお返しすることが大切なことですので、若くて健康だからといって、一切、気は抜けません。

 すべての手術において、何より大切にしていることは、ひとつひとつの手技をきっちりして、
安全に、確実に、丁寧に、手術を行うことです。小動物の組織は繊細ですので、細心の注意を払って手術をしています。

 切皮後、腹膜を切開します。
 腹膜をベビーアリス鉗子で保持し、メッツェンバーム鋏で腹膜を切開しています。

 腹腔内にアプローチしたら、子宮つり出し鈎をさし込んで子宮を引っ掛けて来ます。
 この子は最初の発情期の前に手術をしていますので、子宮がとても細いです。
 子宮の前方をたぐり、卵巣まで引っ張り出して来ます。
 卵巣の上の部分には、止血のための糸をかけ、下の部分には、避妊手術補助プレートを装着しています。
 卵巣がしっかりと出て来たのを確認すると、下の靭帯・血管のところに鉗子をかけ、その下で2回結紮を行います。
 卵巣を取り残すと再発情する可能性がありますので、取り残しのないように、しっかりと取ることが大切です。
 結紮後、切断したら、子宮間膜を電気メスで焼きながら、子宮体部まで分離します。
 その後、もう片方の子宮と卵巣にも同じ処置を施します。
 子宮間膜を切開すると、子宮頸部まで出て来ます。
 子宮のできるだけ根元に鉗子をかけ、その根元を2回結紮します。
 あまり無理な力をかけると、ちぎれてしまうことがありますので、慎重に、ていねいに組織を扱うことが大切です。
 子宮を切断したら、出血がないことを確認して腹腔内に戻します。
 腹腔内に出血がないことを確認します。
 犬よりも切開窓が小さいので、注意して中をのぞきます。
 異常がなければ、そのままお腹を閉じます。
 ネコの腹膜はPDSという吸収糸で縫合しています。
 その後必要に応じて、皮下織に縫合を施します。
 皮膚を縫い合わせて終了です。
 皮膚は、ステンレスワイヤーガットという、溶けない糸で縫っていますので、抜糸が必要です。
 ネコの卵巣・子宮摘出術は、手術の難易度からいうと、中程度の難易度です。おなかを開けて奥から卵巣・子宮を引っ張り出し、出血させないよう、組織を傷つけないよう、注意しながら手技を行わなければいけません。
 避妊をしていないネコは、春先になると、100%ニャーニャーと鳴き始めます。ネコは交尾後に排卵をするという特徴を持っているため、
交尾をすると、高い確率で妊娠をします
 病気の予防や望まない出産を避けるためには、若くて健康な内に手術をしておいた方が良いでしょう。