犬の膀胱腫瘍の摘出手術

   血尿が見られるという犬で、超音波検査をした所、膀胱内に腫瘍が見つかりました。
 投薬下で経過を観察していましたが、徐々に大きくなって来たため、手術して摘出することになりました。
 
   
   お腹を開けて膀胱を糸で固定します。
 腫瘍がある所は周りと組織の色が変わっています。
 触診すると、そこだけ壁が厚くなっています。
 

 腫瘍から少しだけ離れた所にメスで切開を入れます。
 腫瘍を傷つけないように気をつけながら、切開を進めて行きます。
 腫瘍を切除し終わりました。
 膜と膜がぴったり合うように気をつけながら縫合して行きます。
 縫合が終了しました。
 どうしても膀胱のサイズは小さくなってしまいます。
 取れた腫瘍です。
 病理検査の結果は移行上皮癌でした。
 膀胱の腫瘍は、後ろの方の尿管開口部に出来ていると、摘出が難しい場合もあります。
 今回は運良く前の方にありましたので、きれいに摘出することができました。
 膀胱のサイズが小さくなったため、術後はしばらく尿の回数が増えてしまったということですが、徐々に改善されて来たというお話でした。