「高カロリー輸液プロトコル」

     体重kg


  病的ストレス状態  
  アミノ酸必要量   
  脂質:糖質カロリー比
  アミノ酸液の濃度  
  グルコース液の濃度 
  カリウムの補正濃度 mEq/L
  ナトリウムの補正濃度

----------------------------------------------------------------
 アミノ酸液      ml
 グルコース液     ml
 イントラリピッド20%ml
 ラクトリンゲル液   ml

 コンクライトK    ml
 コンクライトNa   ml
----------------------------------------------------------------
           ml
     合計カロリー kcal
       浸透圧比 

     カロリー含量 kcal/dl
    ナトリウム濃度 mEq/L

   流速ml/hr(ml/hr/kg)
----------------------------------------------------------------

※一日水分量を最低70ml/kg/dayとして計算
 末梢からは浸透圧比2〜2.5が限度
 カリウム、ビタミンB1も忘れず補充する事
 電解質の変動にも注意
 アミノ酸液8%はアミノレバンを想定
 アミノ酸液10%はアミパレンアミゼットBを想定
 アミノ酸液はカロリーから除外して計算
 2.5%グルコース液はKN-1液、デノサリン1を想定
 コンクライトK,Naは合計液量からは除外

 獣医師の方はご自由にお使い下さい。
 メールなどいただけますとうれしいです。

 e-mail:ponpoko@mail.ne.jp

 岡野昇三先生のご指導のもと作成しました。
 厚く御礼申し上げます。