ネコマンマってだめなんですか?


 だめです。昔は犬でも猫でも人間の残飯を与えている家庭が多かったですが、人間と動物では必要とする栄養素がまるで違います。

 特に人間の食餌を動物に与えると塩分の取りすぎになります。犬・猫は人間の
20分の1しか塩分を必要としません。そのため、ネコマンマを食べていた昔の動物は腎不全を起こして早死にするケースが多かったと言われています。年を取れば腎不全はおこる可能性はありますが、塩分の取りすぎは腎臓に負担をかけるので若くして腎臓がダメになるのです。

 また犬は
雑食性動物ですが(テレビで肉食性と言っているのは誤りです)、ネコは純粋な肉食性です。ネコは炭水化物を必要とせず、本来ゴハンなどは食べません。自然界で観察した結果では、ネズミ類約80%、鳥約20%と報告されています。マグロを捕まえて食べるネコなんていません。

 またネコは
タンパク質・脂肪分を犬の2倍必要とします。また必須アミノ酸や必要な微量栄養素が犬と違うため、ドッグフードを与えていると病気になります。

 幸い今は良いドッグフード・キャットフードが出ており、寿命も昔より長くなっています。人間がおやつや人間食を与えることが一番栄養的にはよろしくありません。

 なるべくフードだけを与えるようにしてずっと健康に暮らせるようにしてあげましょう。