目が見えにくそう


 目が見えにくくなる病気はいくつかあります。代表的なものを以下に述べますが、他にもあります。角膜に異常がある場合と、眼球内に異常がある場合、網膜・神経に異常がある場合に分かれます。

1.
白内障
眼の奥の水晶体というところが白く濁る病気で、老年性変化としておこることが多いです。濁ると元通りにはなりません。くわしくはこちら

2.色素性角膜炎
本来は角膜は透明ですが、炎症により角膜に色素がつくと不透明となり見えにくくなります。くわしくはこちら

3.
角膜ジストロフィー
角膜上に脂質やカルシウムなどが沈着することにより角膜が白濁します。くわしくはこちら

4.
緑内障
角膜と水晶体の間には液体があるのですが、その液体がたまりすぎた状態です。とても痛いのが特徴です。くわしくはこちら

5.
硝子体の異常
硝子体は眼球の中心で眼球の形を保たせているもので、普通は透明ですが、ここに白濁や出血があると見えにくくなります。

6.
網膜疾患
眼球に入った光は網膜で受け取られ視神経に送られるのですが、網膜の変性や血管の異常があると見えにくくなります。

7.
視神経疾患
先天性の奇形などもありますが、急性の視神経炎が比較的多い病気です。急性の失明に至ることがあります。

8.
脳内疾患
下垂体腫瘍など一部の腫瘍では視力に障害が起こることがあります。